2017年07月17日

警告

連休前日、奥さんと車で出かけた途端

ダッシュボードの警告灯が赤とオレンジに点灯、点滅しました。

ブレーキと電動パーキングブレーキの異常を示すもの。

parking

猛暑の中 エンジンを止め

車の取扱説明書を必死にめくりました。 アセアセ

 

「警告灯が点滅し続けるときは システムに異常がありますので

直ちに安全な場所に停止し、販売店に連絡下さい。」

 

文書に従い 購入した販売店に電話連絡するが

「パーキングブレーキの引きずりが無いなら そのまま持って来て下さい。」とのこと。

 

良いのかなぁ? 走行中にリアタイヤ ロックなんて事にならないよなぁ・・・・。

そんなことを考えながら 恐る恐る 販売店へ。

 

メカニックが調べるが 原因不明。

「代車が無いので 5日後に再度入庫して頂いて

その後メーカーに修理に出します。」 との返答。

 

「警告灯は消えませんが 走行には問題ありませんから!」と言う言葉を信じて

帰宅したが その後三度ほど 低速ブレーキ時にリアタイヤ ロック現象。

すぐに ロック解除されるので 一瞬の急ブレーキみたいな物だが心臓に悪い。

 

急ブレーキでオカマ掘られるのも怖いので

販売店からメーカーに電話を入れて頂き

メーカーサービスに直接持ち込み・・・・ 待つこと小一時間。

 

原因は電動パーキングブレーキのモーターが壊れている。

完全に壊れていないので 時々復活してサイドブレーキがオンになるらしい。 (恐)

 

速攻修理をお願いしました。

 

修理金額いくらだろう?

販売店の中古車補償で 乗り切れますように・・・・・・・。

posted by タクパパ。 at 06:30| Comment(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。